« アンダンテ(安暖庭)は食事が美味しい八幡平のペンション | トップページ | 花巻にあるイギリス海岸に行く »

2007年10月 1日 (月)

新渡戸稲造生誕の地

●結論から言うと
銅像があるだけです。公園っぽくなっているけど、花壇が並んでいる感じ。公園って言うか、休憩所みたいな感じです。よほどの新渡戸稲造マニアじゃない限り、ここを目的に盛岡に来る人はいないとは思いますが、、。頑張っても3分くらいで観光し終わります。


●でも僕は観光しました
盛岡で一泊することになっていたんですね、予定で。で、ガイドブックを眺めながらぶらぶらしようかと思っていて、最初岩手公園に行ったんですけど、何もなくて、、で、、どうしよう、、何か見るものないかな、、と思ったら地図に「新渡戸稲造生誕の地」ってあったので観光してみようと思った次第です。


●交通
盛岡駅からは結構遠いです。歩いていくのは結構しんどいかと。バスで岩手公園まで行って、岩手公園を散歩しつつ新渡戸稲造生誕の地まで歩いていくのが良いと思います。


拡大地図を表示


●詳細
こんな感じの広場です。

こんな感じの銅像がみられます。


●観光ポイント
地理的には、じゃじゃ麺の「白龍」とかわんこそばの「東屋(あずまや)」が徒歩圏内です。なので、食事が終わった後の腹ごなしに散歩がてら訪れるというのはありだと思いますよ。


●関連記事
盛岡でじゃじゃ麺を食べたい - 白龍の本店に行く

|

« アンダンテ(安暖庭)は食事が美味しい八幡平のペンション | トップページ | 花巻にあるイギリス海岸に行く »

「東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147175/8140178

この記事へのトラックバック一覧です: 新渡戸稲造生誕の地:

« アンダンテ(安暖庭)は食事が美味しい八幡平のペンション | トップページ | 花巻にあるイギリス海岸に行く »