« 新渡戸稲造生誕の地 | トップページ | 犬吠埼及び銚子電鉄を観光してきた【旅行後の記事】 »

2007年10月 4日 (木)

花巻にあるイギリス海岸に行く

●概要
花巻は正直なところ観光するところが少ない。僕は宮沢賢治目的で訪れたのだけれども、博物館は1、2時間で観光し終わってしまうので午後が暇になる。そこで、イギリス海岸に行ってみることにした。


●場所
ちょっとわかりにくいところにある。観光なら車で行くことになると思うけれども、イギリス海岸のすぐ近くに駐車場があるのでそれを利用するのがお勧め。
駐車場は普通の住宅街みたいなところにあるので一瞬迷うけど、入っていくとちゃんと駐車場がある。

View Larger Map


●詳細、感想
普通に綺麗な景色というのが率直な感想だ。ただ、イギリス海岸目的で花巻に来るというのはお勧めじゃない。まあ、いないと思うけど。
綺麗だけれども、まあ、普通の景色かなという印象だった。
ただし、僕は水が覆い時期だったのでいわゆるイギリス海岸風の景色を楽しめなかった。僕は地元の人間じゃないからよくわからないけれども、ネットで調べる限りでは水が少ない時期というのはかなりレアらしい。あんまり期待しない方が良いのかも?事前に確認できる手段とかが花巻市のホームページにあれば良いんだけどなー。

逆に、花巻に訪れたなら見ておいた方が良い景色だと思う。
2つの川が交差するポイントで普通に綺麗だからだ。
この写真は、交差ポイントの部分。ちょうど岩があって、水の色が違っていて面白い景色だ。


●観光時間
どんなに粘っても1時間、まあ、普通の人なら10分程度の観光時間だと思う。
遊歩道があって、ゆっくり往復すると30分くらいかな。


●まとめ
花巻を訪れて車があるなら訪れる価値のあるばしょだと思います。花巻観光は博物館とか記念館とか施設中心になりがちなので、イギリス海岸で風景を楽しむと息抜きになって良いかも。


●関連記事
花巻温泉郷の鉛温泉である藤三旅館自炊部に宿泊する

|

« 新渡戸稲造生誕の地 | トップページ | 犬吠埼及び銚子電鉄を観光してきた【旅行後の記事】 »

「東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/147175/8140126

この記事へのトラックバック一覧です: 花巻にあるイギリス海岸に行く:

« 新渡戸稲造生誕の地 | トップページ | 犬吠埼及び銚子電鉄を観光してきた【旅行後の記事】 »